アメリカで使用されている会計クラウドシステムを解説

株式会社GronDXサービスメニュー

1. アメリカで使用されている会計クラウドシステムの概要

アメリカで利用されている会計クラウドシステムは、中小企業向けに設計され、財務諸表の作成や請求書の発行などを容易に行えるものが主流です。これらのシステムは、クラウドベースの会計ソフトウェアとして提供され、利用者がオンラインでデータにアクセスし、取引を管理できます。代表的なソフトウェアには、QuickBooks OnlineやIntuitが開発・提供しているクラウド会計ソフトウェアがあります。これらのシステムは、アメリカの中小企業や個人事業主にとって、経理業務を効率化し、ビジネスの成長を支援する重要なツールとなっています。

アメリカにおけるクラウド会計システムは多岐にわたり、個々のビジネスニーズに合わせてさまざまなオプションが提供されています。

1-1. 対応する会計ソフトウェアの特徴

アメリカの会計ソフトウェアはクラウドベースで利用され、主に中小企業向けに設計されています。代表的な特徴は、財務諸表の作成や請求書の発行などの基本的な会計業務を効率的に行えることです。さらに、多くのソフトウェアは使いやすく、オンラインでリアルタイムにデータにアクセス可能です。また、税務処理や経費精算などの機能も備えており、アメリカのビジネス環境に適したソリューションとなっています。

2. QuickBooks Online:アメリカで注目の会計ソフト

QuickBooks Onlineはアメリカで最も広く利用されるクラウド会計ソフトウェアの一つで、中小企業向けに設計されています。財務諸表の作成や請求書の発行などの基本的な会計業務を簡単に行えるだけでなく、データはクラウド上に安全に保存され、いつでもどこでもアクセス可能です。また、使いやすいインターフェースと豊富な機能で、経理業務を効率化し、ビジネスの成長を支援してくれます。

2-1. QuickBooks Onlineの機能一覧

uickBooks Onlineは、請求書の作成や支払い管理、銀行口座の連携、経費の追跡、在庫管理、税金の準備など、包括的な機能を提供します。ユーザーに合わせたインターフェースとモバイルアプリにより、ビジネスの管理が容易になるように設定されています。

2-2. その他の会計システム

アメリカで一般的に利用されているクラウド会計システムの主要な特徴を箇条書きで紹介したものです。

  1. QuickBooks Online
    • アメリカで最も広く利用されているクラウド会計ソフトウェアの一つで、中小企業向けに設計されています。
    • 給与計算、請求書作成、支出の追跡などの機能を提供し、税務コンプライアンスをサポートします。
  2. Xero
    • 中小企業向けに設計されたクラウド会計ソフトウェアで、多くの経済圏で利用可能です。
    • インボイスの作成、銀行取引の自動取り込み、給与計算、税務申告などの機能があります。
  3. Wave Accounting
    • 小規模ビジネス向けに無料で利用できるクラウド会計ソフトウェアです。特にフリーランサーや個人事業主に適しています。
    • 請求書、支出の追跡、給与計算、税務申告などの機能を提供します。
  4. FreshBooks
    • フリーランサーや独立起業家向けに設計されたクラウド会計ソフトウェアで、クライアントとのコミュニケーションに特化しています。
    • 請求書作成、支出の追跡、時間追跡、オンライン支払いなどの機能を提供します。
  5. Sage Intacct
    • 中規模および大規模企業向けに設計されたクラウド会計ソフトウェアで、高度な機能とカスタマイズ性を提供します。
    • 予算編成、会計、財務分析、給与計算、複数通貨対応などをサポートします。
  6. NetSuite
    • Oracleが提供するクラウドベースのERP(企業資源計画)ソリューションで、中規模から大規模の企業向けに設計されています。
    • 会計、在庫管理、CRM、給与計算、電子商取引などを統合的に提供し、スケーラビリティが高いです。
  7. Zoho Books
    • インテグレーションが容易な中小企業向けのクラウド会計ソフトウェアで、予算編成、請求書作成、給与計算などの機能を提供します。

これらはアメリカで広く利用されているクラウド会計システムの一部ですが、ビジネスの規模や業種に応じて選択肢があります。ビジネスのニーズと予算に合わせて最適なクラウド会計ソフトウェアを選択することが重要です。

3. 会計システムと合わせて使いたいGusto 給与計算システム

ガスト(Gusto)は、米国のクラウドベースの給与計算ソフトウェアおよび人事管理プラットフォームで、多くのビジネスにとって様々な利点を提供します。

  1. 簡単な給与計算
    • ガストは直感的なユーザーインターフェースを提供し、給与計算を簡単に行うことができます。給与の自動計算や税金の計算など、面倒な作業を最小限に抑えます。
  2. 税務コンプライアンス
    • ガストは税務コンプライアンスに強力なサポートを提供し、連邦および州の税法に従った給与計算と報告を行います。これにより、法的リスクを低減します。
  3. デジタル化とオートメーション
    • ガストはデジタルプラットフォームであり、ペーパーレスの給与計算と人事管理を実現します。また、多くのタスクを自動化し、人的エラーを減少させます。
  4. 自己申告と福祉
    • ガストは社員向けのセルフサービスポータルを提供し、給与明細へのアクセスや福祉プランの管理を容易にします。社員が情報を自己申告しやすくなります。
  5. タイムトラッキング
    • ガストは従業員の出勤時間と勤務時間を簡単に追跡できるツールを提供します。これにより、正確な給与計算と過不足の修正が行いやすくなります。
  6. データセキュリティ
    • ガストはデータセキュリティに重点を置いており、給与計算データと従業員情報を保護します。高度なセキュリティ対策を実施し、データ漏洩のリスクを軽減します。
  7. カスタマーサポート
    • ガストは優れたカスタマーサポートを提供し、ユーザーが問題を解決し、プラットフォームを最大限に活用できるようサポートします。
  8. 拡張性
    • ガストは成長するビジネスに適しており、新しい機能や統合を追加することができます。これにより、ビジネスの変化に対応できます。
  9. 費用対効果
    • ガストは中小企業から大企業まで多くの規模のビジネスに適しており、リーズナブルな価格設定を提供します。給与計算ソリューションとしての費用対効果が高いと評価されています。

ガストは給与計算と人事管理を効率的に行い、ビジネスの運営を改善するための包括的なツールとして多くの企業に支持されています。

3.1 Gusto料金プラン

安価プラン、1企業あたり39ドル、1名毎に月/6ドルになります。

4. 日本のクラウド会計システム

日本では、free、マネーフォワード、弥生会計などがメジャーになりつつありますが、システムの連携や統合、拡張性で言えばまだ少しアメリカに離されている状況と言えるでしょう。

また、給与関係(ペイロール)に特化したサービスはまだまだ少なく、会計と給与についても、アメリカなどの方が先を進んでいる状況にあります。

4.1 日本と海外の大きな違い

クラウドサービスの発展が早い海外と日本の格差が生まれた理由には、国の機関のDX化が遅れている理由が挙げられます。マイナンバーが導入され少しは進化したように見えても、やはり窓口に行きパスワード解除を行ったり、変更申請を行う必要があります。他の機関でも同じように職員がメールを使えない、オンプレのクローズでの運用であったりとかなり閉鎖的な理由から、何か実行する度に登庁が必要であったり申請書を印刷して提出する必要があります。

銀行も同じように、メール文化が現場まで浸透しておらず、web申し込みをしても、紙で記載してオリジナルの郵送、コピーを添付などまだまだ進化の課題が現場に存在している状況です。

4.2 アメリカの電子申請

アメリカの市役所での電子申請は、市民や事業者が様々な公的サービスや許可を取得するために、オンラインプラットフォームを通じて申請を行うことを指します。これは伝統的な紙ベースの申請プロセスに代わるもので、デジタル化された手続きを通じて、効率性と利便性を向上させることを目的としています。

  1. 建設許可: 市民や建築業者が新しい建物を建設し、既存の建物を改築する際に必要な許可をオンラインで申請できます。これには建築図面の提出や建設計画の審査などが含まれます。
  2. 印紙税申告: 不動産の売買や契約に関連する印紙税の支払いや申告を電子的に行うことができます。
  3. 健康許可: 飲食店や美容院などの事業者が食品衛生や衛生規制に準拠するための許可を申請します。電子申請を通じて許可更新や新規申請がスムーズに行えます。
  4. 選挙登録: 市民が選挙に参加するために投票登録を行う際、オンラインフォームを使用して個人情報や住所などを提供します。
  5. 公共交通カードの申し込み: 一部の都市では、公共交通機関のカード(バスパスや電車券など)をオンラインで申し込むことができます。

電子申請の主な利点は、時間と手間の削減、情報の正確性の向上、プロセスの透明性、迅速な審査や承認などがあります。また、市民や事業者は24時間365日、オンラインプラットフォームを通じて申請を行うことができ、許可やサービスの状況をリアルタイムで確認できます。これにより、市民と市役所の間でより効率的なコミュニケーションが実現され、行政サービスの向上が期待されます。

5. 課題解決思考

日本の官庁が国民データの入力を海外に委託する際に、なぜかメールのやり取りができない理由は、セキュリティとプライバシーの懸念が主な要因です。官庁は高度な情報セキュリティ基準を満たし、国民の個人情報を保護する義務があります。一方、電子メールは比較的セキュリティが低く、データ漏洩のリスクがあるため、官庁はそれを避ける傾向があります。

物理的な受け渡し方法(フロッピーディスク、USBメモリ、CD ROMなど)は、データの物理的なコピーを直接受け取るため、ハッキングやオンライン上の攻撃から保護される利点があります。しかし、これらの方法は手間がかかり、遅延や損失のリスクも伴います。そのため、デジタルな情報交換の安全性と便利さの両立が求められますが、官庁のセキュリティポリシーや法的要件、技術的制約などが進展を妨げています。

5.1 アメリカ人が考える合理的主義

  1. 論理的思考: 合理的主義は、論理的思考と証拠に基づいた判断を重視します。情報を収集し、データに基づいて意思決定を行うことを奨励します。感情や信念よりも、事実と理性が重要視されます。
  2. 科学と証拠主義: 合理的主義者は、科学的方法と証拠に大きな信頼を寄せます。科学的研究とデータ収集は、問題解決や政策立案の基盤とされ、信念や宗教的信条に基づいた主張よりも科学的根拠が尊重されます。
  3. 問題解決と効率性: 合理的主義は、問題を分析し、最適な解決策を見つけることを重視します。効率性と合理性が追求され、リソースの最適利用が奨励されます。
  4. 人権と平等: 合理的主義は、人権と平等に対する強い信念を持ちます。不合理な差別や偏見に反対し、法の下での平等を強調します。
  5. 自己決定権: 合理的主義者は、個人の自己決定権を尊重します。個人が自分自身の生活や価値観を選択し、他人からの干渉を最小限に抑える権利を強調します。
  6. 法の支配と民主主義: アメリカの文化において、法の支配と民主主義が合理的主義の基本的な原則として位置づけられています。法に従い、選挙を通じて政府を選び、法律を制定・変更するプロセスを尊重します。

合理的主義は個人の価値観によって異なる解釈がありますが、一般的には合理性、論理性、科学的方法、人権、平等、自己決定権、法の支配、民主主義といった要素が含まれています。これらの原則は、アメリカの社会や政治において大きな影響を与え、国内外の問題に対するアプローチに反映されることがあります。

6. まとめ 

アメリカの会計クラウドシステムの活用は、ビジネスの効率化や柔軟性の向上に役立ちます。クラウドベースのシステムは、リアルタイムでのデータのアクセスや更新が可能であり、いつでもどこでもデータにアクセスできる利便性があります。また、セキュリティの向上や自動化されたプロセスにより、エラーを減らし、データの精度を確保します。さらに、会計クラウドシステムはスケーラブルであり、成長に応じて柔軟に対応できます。これにより、ビジネスはより効率的に運営され、競争力を高めることができます。総じて、アメリカの会計クラウドシステムの活用は、ビジネスの成功に不可欠な要素であり、今後ますます重要性を増していくでしょう。

株式会社GronDXサービスメニュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!