課題解決力を保有するスキルを持つ人材不足

私達gron.comがご支援させて頂いてます企業様は、従業員数10名ぐらいの企業から500名規模の会社様が多く対応させて頂いております。ある程度会社が安定されている企業様に置かれては、なんとか業務は回っているのだけども、生産性が悪い、従業員の定着性が悪いなど相談をいただくケースが多いのです。そんな漠然としたご相談内容から始まり、壁打ちなどをさせて頂きながら、私達gron,comが分析し解決させて頂いております。

「秘訣を教えろよ」と言われる事も多いのですが、見極めるポイントは存在しても秘訣はありません、一件一件クライアントの課題を掘り下げて聞く事から始まり、その結果ある程度の方向性を決め進めさせて頂いております。

世間一般的にですが、経営者側に立つと、「波風立てずに課題を克服したい」、こんな意見が非常に多く相談されますが、このままだとダメなんだけど、敢えてオーナー自らが行った際にうまく機能しなかった事を考え躊躇してしまう、または着手できないなど、ヤキモキしながら日々会社を見守られていると思います。

「課題はわかっているけど、今更仕組みを変える事ができない・・・」

「もっと素晴らしい社員が来れば解決できるのだけど採用に繋がらない・・・」

「マニュアルさえあれば・・・」

俺がもう1人いれば全てが解決できるのに・・・」そんな事を考えられている経営者の方は多いのではないでしょうか?

例え上場していても、「従業員に嫌われたくない」士気が乱れるから「従業員にネガティブな事は強要しない」このようなお考えの経営者様も見かける事がございます。また、そこを解決する「コンサルティング会社」も星の数ほど存在していますので、担当者によるようなスキル格差があるもの現実です。そんな中何を基準に進めば良いのか?このコンサルタントは信用できるのか?等、会社の経営とは別軸の不安も沢山あると思いますが、そんな貴方に代わって私達が実現していくお手伝いをさせていただきます。

会社の方向性で迷っている、先ずはお気軽にご相談ください!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください