企業顧問と株式会社Gronのサービスについて

企業顧問にコア業務を見てもらうのも秘湯の方法です。

従業員には知られたくない、他の取締役や責任者に知られたくない。

役員会の前に壁打ちをして備えたい、銀行や投資家に会う前に準備しておきたいことなど、会社を経営していると沢山の課題や悩みがあると思います。

そんな時に企業顧問を導入することで、事前に把握したり備えたり、開示する内容の吟味などできます。

また業務の整理や、課題の抽出も相談でき、人的組織の編成などが組織のしがらみ無しに相談できたり、俯瞰的に見た必要な人員を配置することで、リスク回避になり組織の事業やサービスの早期立ち上げなどに貢献できます。

顧問導入の具体的な効果

  1. 専門知識と経験の活用
    ・企業顧問は、深い専門知識と経験を持っており、企業は彼ら(顧問)のアドバイスを求めることで、最新のトレンドやベストプラクティスを導入し、競争力を高めることができます。
  2. 戦略的な意思決定のサポート
    ・企業顧問は、企業の戦略的な意思決定に貢献し、経営陣を重要な局面でサポートする役割を持ちます。具体的には、ビジネス戦略の策定や変更、リスクマネジメント、成長戦略の立案などに携わります。
  3. 外部の視点と客観的な意見
    ・企業顧問は、内部の問題に対して外部から客観的な意見を提供することで、組織内のブラインドスポットを克服し、新しいアイデアや改善点を見つけることができます。
  4. ネットワーキングとコネクションの拡充
    ・企業顧問は広範なネットワークを持っており、そのコネクションを通じて企業は新しいビジネスパートナーや機会にアクセスでき、業界内での影響力を高めることができます。
  5. 問題解決とリーダーシップの助言
    ・企業顧問は、様々な課題に対する解決策を提供し、リーダーシップに関するアドバイスを提供することが期待さできます。また彼らの経験に基づいた指導により、組織は効果的に問題を解決し、成果を上げることができます。
  6. コスト削減とリソース最適化:
    ・企業顧問は一時的なプロジェクトや特定の課題に対処するために雇用する事も可能です。また彼らの専門知識を必要なときに取り入れることで、企業は長期的な雇用に比べてコストを削減し、リソースを最適化できます。
  7. リーダーシップの継続性:
    ・企業顧問は、組織の成長や変化に柔軟に対応できるため、リーダーシップの継続性を確保するのに役立ちます。また、組織が変化に適応する際、企業顧問の意見とアドバイスは貴重です。

これらの顧問のメリットを活かすためには、企業が適切な企業顧問を選定し、確実なコミュニケーションを円滑に保ちながら、企業顧問のアドバイスを踏まえて実践や試験に移すことが重要になります。

こんな事発生していませんか?

新規事業や業務の立て直しをする場合、経営者は常に取捨選択が必要に迫られます。そんな時に壁打ち相手や他社の事例などをベースに提案する存在が必要であると株式会社Gronは過去の経験上、クライアントのサポートが必要と考えます。

俯瞰してみる必要性

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次