採用直結!大阪ダイバーシティ事業部の職場体験インターン

職場体験の案内図
24卒向けインターンイベント

1. 大阪府ダイバーシティ推進事業部24卒向け職場体験インターン実施概要

大阪府ダイバーシティ推進事業部では、24卒向けの職場体験インターンを実施します。このプログラムでは、大阪府内の様々な企業や団体での短期間の実践的な経験を提供します。参加者は、実際の業務に携わりながら、職場環境や業界の特徴を理解し、キャリアの選択に役立つ知識やスキルを習得します。また、多様なバックグラウンドを持つ参加者同士が交流し、異なる視点からの学びや成長を促進します。インターン期間中は、メンターやキャリアカウンセラーからのサポートも受けられます。このプログラムを通じて、参加者は自己理解や自己啓発が促進され、将来のキャリアの方向性を見つける手助けを受けます。詳細は大阪府ダイバーシティ推進事業部のウェブサイトでご確認ください。

1-1. 職場体験付き就活、その魅力とは?

職場体験付き就活は、学生が実際の職場での業務や雰囲気を体験する機会を提供します。これにより、学生は企業の文化や仕事内容を直接知ることができ、将来のキャリア選択に有益な情報を得ることができます。また、企業側も学生の適性や意欲を評価する機会となります。双方にとって、リアルな体験を通じて適切な選択をすることができるため、ミスマッチのリスクが低くなります。さらに、職場体験は学生にとって貴重な経験となり、自己成長やキャリアの方向性を見いだす機会となります。結果として、より適切な職場選びが可能になり、長期的なキャリアの満足度も高まります。

1-2. 採用直結型インターンシップの特長

採用直結型インターンシップは、参加者が企業の業務に深く関与し、実践的なスキルや知識を身につける機会を提供します。参加者はリアルな業務に取り組みながら、企業の文化や価値観を理解し、将来のキャリア選択に役立つ情報を得ることができます。また、企業側も参加者の能力や適性を直接評価し、将来の採用に繋がる可能性があります。このように、採用直結型インターンシップは、学生と企業の双方にとって有益な機会となります。

1-3. 学生が得られる成長とキャリア形成の可能性

インターンシップは学生にとって重要な成長とキャリア形成の機会です。まず、実践的な経験を通じて、学生は業界や職種に関する知識やスキルを習得し、自己成長を促進します。また、職場での実践的な業務に参加することで、自己理解や職業意識が高まり、将来のキャリア方向性を見つける手助けとなります。さらに、プロフェッショナルな環境での業務経験は、コミュニケーション能力やチームワーク、問題解決能力などの重要なスキルを向上させます。これらの経験は、学生が将来の就職活動で競争力を高める上で不可欠です。また、インターンシップ先でのパフォーマンスが良好であれば、学生は将来的にその企業でのキャリアの可能性を模索することもできます。結果として、インターンシップは学生の成長とキャリア形成の重要な礎となります。

2. 本プログラムへの参加を検討する学生・企業の立ち位置

採用直結型インターンシップにおける学生は、将来のキャリアに向けて積極的に経験を積む意欲を持ち、実践的な業務を通じて自己成長を促進したいと考えています。彼らは企業の文化や価値観を理解し、将来の採用につながる可能性を追求しています。一方、企業は優秀な人材の獲得と育成に焦点を当て、採用に直結した形で学生と連携します。彼らは参加者の能力や適性を評価し、将来の採用計画に活かすことを期待しています。このように、学生と企業は相互に利益を追求し合う立場にあります。学生はキャリア形成に必要な経験を得ることができる一方、企業は将来の優秀な人材を採用するためのプールを育成することができます。

2-1. 24卒・第二新卒を対象とした実践的な職場体験の流れ

24卒・第二新卒向けの実践的な職場体験の流れは、まず交流会に参加をして職場体験したい企業の説明会に参加します。その後に参加したい企業に対し応募で完了します。その後、選考合格者は実際の職場での体験を行います。業務に携わりながら企業の文化や業務内容を理解し、双方が適合するかどうかを確認します。当社は2024年2月5日(月)〜2月7日(水)実施いたしました。

当社の場合実施したスケジュール

1日目 会社概要とコンサルタントの仕事について説明

2日目 経営改善の事例を元に実際にコンサルティング分析にチャレンジ

3日目 コンサルティング会社の広報業務体験

2-2. 大阪府ダイバーシティ推進事業部が提供するサポート内容

大阪府ダイバーシティ推進事業部は、多様な人材の採用や働き方の推進を支援します。具体的なサポート内容は、ダイバーシティに関するセミナーやワークショップの開催、企業へのコンサルティング、採用イベントの開催などです。企業や個人に対するアドバイスや情報提供も行います。

2-3. インターンシップ成功事例とその影響

ある大手テクノロジー企業のインターンシップでは、参加者が新しいプロジェクトに参加し、自らのアイデアを実装する機会を与えられました。インターン終了後、数名が正式に採用され、彼らの提案が新製品の開発に採用されました。この成功事例は、若手の意見やアイデアが企業にとって貴重であることを示し、社内の活気とイノベーションを促進した実績があったと聞いています。

1日目:昨年入社した田中よりコンサルタントの仕事の説明を実施

コンサルタントとは物事を俯瞰してみる必要があり、クライアントの前提条件や希望条件を元に広い視野で物事を見る必要あると説明。

その後、DX化される前の日本経済と現在(令和の日本)との比較・その成長を把握しながら、今後の企業に何が必要なのかを予測してもらいました。

予測から実現可能な事ができるかなどグループでディスカッションを実施し、実に活気ある意見交換が行われ視座を上げることができたと実感いたしました。

2日目:実例を元にコンサルティング分析にチャレンジ

経営改善の事例を元に実際にコンサルタントとしてどのように分析を行うかを考えてもらいディスカッションしました。

事例の情報量が少なく、学生さん達はどのように展開していくか試行錯誤しながら、ディスカッションをしてクライアントの意向を掴みながらも考えられる全ての可能性を絞り出していました。

同じ世代でも、育った環境や国も違い、其々の経験の中からアイデアや仮説を出して発表をしてくれました。

3日目:広報活動を体験!PR記事を作成

インターンシップ最終日は2日間の体験した内容を元に会社のPR記事を作成するミッションを出し、2班に分かれ其々の班ごとにテーマと内容をメンバーと協議しながら記事にしてくれましたので紹介したいと思います。

コンサルティングの本質は、回答なき回答を絞り出す面も非常に多く、その作業の一部を体験していただきました。

ぜひ彼らの作成した記事を読んでみてください。

下記リンクのAチーム、Bチームの記事がその時の記事になります。

【Aチーム】

【Bチーム】

PressWalker
洞察と成長: Gronとのコンサルティング経験から学んだこと|PressWalker 2月5日から2月7日に株式会社Gronの職場体験に3日間参加してみて、私たち学生参加者が実際に感じたことや学んだことを書き記したいと思います。

3. インターンシップのスケジュールと参加方法

2024年インターンシップのスケジュールは、全てのプログラムが3月で終了しております。2025年の開催については、https://osaka-diversity.com/student/experience/にて4月以降募集が始まると聞いてます。大阪ダイバーシティ事業部各種インターンプログラム実施期間など開示されますのでいばしお待ちください。参加方法は、ウェブサイトやインターンシッププログラムの案内を通じて応募する事で参加できます。

5. まとめ:本インターンシップで自分のキャリアを築こう

このインターンシップは、自分のキャリアを築く貴重な機会です。実践的な業務を通じてスキルや知識を磨き、業界や職種について深く理解を深めることができます。また、リーダーシップやチームワーク、問題解決能力などの重要なスキルを獲得し、自己成長を促進します。さらに、業界のプロフェッショナルとの交流やメンターシップを通じて、キャリアの方向性を明確にし、将来の目標に向かって着実に歩みを進めることができます。この経験は、履歴書や面接での強みとなり、将来のキャリアにおいて大きなアドバンテージとなるでしょう。自分のキャリアを築くための基盤を築くために、この貴重な機会を最大限に活用しましょう。

弊社のインターンに参加した学生さん

インターンシップ参加学生の7名の内、1名は予定が合わず別日での体験をして頂きました。6名の内2名は外国籍(オーストラリア・アフリカ)の学生さんで、其々の価値観で議論をしてくれていました。確かに育った環境も違いギャップもありましたが、そこは若さで乗り越えてくれたと思います。また様々な視点を持ち、多角な方面から物事を学びヒアリングすることができたと感じております。

3日間で学生さん達に問いかけた質問は、『敷かれたレールの上で確実に仕事を達成していく業務』または『その敷かれたレールの業務プロセスを一つ一つ検証していく事で本質が見える、「本当にその行為が必要なのか?」「ガバナンスは効いているのか?」色々試行錯誤して考える事が大切だと実感してもらいました。将来どちらのプロセスを目標に業務に従事するかも仕事選びのポイントになるとアドバイスいたしました。

当社は敷かれたレールのプロセスを一つ一つ点検して行く業務をメインに、お客様の経営サポートをしていると伝え、3日間のインターンシップが終了いたしました。

    必須 ご相談内容

    経営相談お見積もりお問い合わせ無料相談申込その他

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    必須会社名

    必須郵便番号

    必須都道府県

    必須ご住所

    必須お電話番号

    必須メッセージ本文

     

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!